舌下免疫療法

舌下免疫療法をご希望の方へ

舌下免疫療法をご希望の方へ初めて舌下免疫療法する方は、初回の診療に時間がかかります。
医師からの説明の上、薬局での調剤、医院に戻って服用、その後30分間院内で経過観察させて頂いています。
受付終了60分前(午前診は11:00、午後診は5:30)までには、ご来院くださいますようお願いいたします。
また、受付時に「今日から舌下免疫療法を行いたい」とお伝え下さい。

そもそも免疫療法って何?

免疫療法とは、アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを、低濃度、少量から投与し、徐々に増量、高濃度へ移行させ、アレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法で、下記のような特徴があります。

  • アレルギー症状を軽減したり、長期に渡り症状を抑える可能性のある治療法です。
  • 治療前に、症状がアレルゲンによるものかの確定診断が必要です。
  • 治療は長期間(3~5年)かかります。
  • すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

免疫療法の種類は?

免疫療法は、以前は皮下に注射する「皮下免疫療法」しかありませんでしたが、2014年10月から、舌の下に治療薬を滴下(てきか)する「舌下免疫療法」のお薬が登場しました。
皮下免疫療法は、皮下に注射する治療法で、病院で行われます。注射であるために痛みを伴い、さらに治療のはじめは徐々に増量するため頻回に通院が必要となります。
そしてシダキュアは溶ける錠剤を舌の下に置きます。
一方、舌下免疫療法は舌下(舌のした)に治療薬を投与するため、皮下免疫療法のような痛みがなく、自宅で服用が可能です。
しかし、服用量や服用方法、副作用に対する反応など、病院で行う皮下免疫療法と比べてより治療に対する患者さん(ご家族)の理解が必要な治療法です。

舌下免疫療法はいつから開始すればいいの?

スギ花粉が飛散している期間にスギ花粉症に対する舌下免疫療法を開始すると、アレルギー症状が強く現れてしまうことがあります。そのため、スギ花粉症に対する舌下免疫療法は、スギ花粉の飛散時期を避けて開始する必要があります。また、スギ花粉のシーズンに効果を実感するためには、6~11月頃に舌下免疫療法を開始することが推奨されます。ギリギリにならないよう、お早目にご相談ください。
一方でダニアレルギーに対する舌下免疫療法の場合は、季節を問わずいつでも開始することができます。気になったときにご相談ください。
ダニアレルギーとスギ花粉症の両方をお持ちの場合は、スギ花粉の飛散が終わる6月以降を治療開始の目安とされることをおすすめします。

舌下免疫療法の対象年齢は?

スギ花粉症に対するシダキュアを使った舌下免疫療法、ダニアレルギーに対するアシテア、ミティキュアを使った舌下免疫療法ともに、適切に舌下に保持できると判断できれば使用が可能です。おおむね5歳から可能と考えています。年齢の上限はございません。
薬液や錠剤を舌の下に保持して飲み込む、という方法での服用のため、当院では小学校1年生を目安に開始されることをおすすめしております。

舌下免疫療法はどうやって行われるの?

1日1回、少量から服用をはじめ、3-7日後に増量し、その後は決まった量を数年にわたり継続して服用します。(増量の方法は薬剤によって異なります)
初めての服用は、スギ花粉が飛散していない時期に、医師の監督のもと行う必要があります。その後の通院は、1週間後、2~3週間後となります。
維持期は、少なくとも1ヶ月に1度程度、受診が望まれます。

舌下免疫療法の効果と副作用について

舌下免疫療法の効果

  • 鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどのアレルギー症状の軽減
  • ぜん息発作予防
  • アレルギー治療薬の減量
  • PFAS(花粉・食物アレルギー症候群)の抑制

※PFASとは、花粉症患者が生の果物・野菜を摂取したときに生じる口腔症状です。唇、口腔、喉などにかゆみや腫れが見られます。

舌下免疫療法の副作用

  • 口の粘膜の腫れ、口内炎
  • 喉のかゆみ
  • 鼻水、鼻づまり、くしゃみ
  • 耳のかゆみ
  • 腹痛、吐き気
  • 息苦しさ
  • アナフィラキシーショック

スギとダニの舌下免疫療法について

アレルギー体質を治して、今まで飲んでいたお薬を減らしたり止めたり出来る可能性があります。
ご希望の方やちょっと話を聞いてみたい方は、一度当院までご来院下さい。
詳しくはスギ花粉症の舌下免疫療法と、ダニアレルギーの舌下免疫療法ページをご覧ください。

舌下免疫療法(免疫療法)Q&A

「皮下免疫療法」と「舌下免疫療法」の違いは何ですか?効果には違いがあるのでしょうか?

皮下免疫療法と舌下免疫療法についての違いは下記の表をご確認ください。

子どもが普段、薬の味によって飲める・飲めないがあるのですが、舌下免疫療法の薬はどんな味なのでしょうか?

準備中

舌下免疫療法を治療中なのですが、花粉症の症状がひどい場合、薬は飲んだ方がいいのでしょうか?

はい。他の薬剤との併用は問題ありませんので、症状が強いときは飲んでも構いません。

スギやダニ以外でもアレルギーがあるのですが、舌下免疫療法は効くのでしょうか?

残念ながら、薬剤に含まれているアレルゲン以外には有効ではありません。しかし、少し有効だった報告もあります。

一番上に戻る
TEL.078-801-5678TEL.078-801-5678診察WEB予約診察WEB予約オンライン診療オンライン診療LINEで情報を発信♪