ダニアレルギー(舌下免疫療法)

初めて舌下免疫療法する方は、初回の診療に時間がかかります。
医師からの説明の上、薬局での調剤、医院に戻って服用、その後30分間院内で経過観察させて頂いています。
受付終了60分前(午前診は11:00、午後診は5:30)までには、ご来院くださいますようお願いいたします。

ダニアレルギー

ダニアレルギーダニは、アレルギー性鼻炎、気管支ぜん息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の主な原因の一つと言われています。
ダニは布団や衣服などに住んで生きており、死骸となった後に空気中などをただよい、ほこり(ハウスダスト)になります。ダニはハウスダストの主な成分と考えていただければ良いと思います。

なぜダニアレルギーになるのか?

ダニアレルギーは、ダニの死がい・糞によって引き起こされます。
生きているダニそのものがアレルギー症状を引き起こすのではないということですね。ですので、死がいが増える秋はダニアレルギー症状が悪化すると言われています。

ダニが発生しやすい時期は?

ダニが多く発生するのは、室温、室内の湿度が高くなる梅雨から夏にかけて(6~8月)です。
特に、マットレスや布団、枕などの寝具、絨毯などは、温度・湿度に加えて、ダニが生き延びるためのヒトの垢・フケなどが多く、発生の温床となります。
ですので、この時期のダニ対策が有効です。

ダニアレルギーの症状

ダニ、埃、ペットの毛などを原因とするアレルギー性鼻炎は、アレルゲンと接触する環境にあれば季節を問わずに1年中、症状が見られます。

  • 鼻の症状
    • 鼻水
    • 鼻づまり
    • くしゃみ
    • 鼻の痒み
  • 目の症状
    • 目のかゆみ
    • 赤み
    • 涙が出る
  • その他の症状
    • 皮膚の痒み
    • 喉の痒み
    • 咳、痰
    • 喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒュー)
    • 息苦しさ

細かく砕かれたダニの死骸が、鼻に入ったり、気管に入ったりしてアレルギー反応を起こし、鼻みずくしゃみやぜん息発作を引き起こしたりします。
このようにダニアレルギーでお悩みの方に朗報です。

ダニアレルギーの治療―舌下免疫療法―

これまで、ダニアレルギーに対する治療においては、お薬の内服、点鼻薬・点眼薬の使用が中心でした。
いくら薬を飲んでもなかなか良くならない、良くなっても一時的でつらい症状が続いて困っていた方に、ダニ抗原舌下免疫療法が2016年から行えるようになりました。
もちろん、健康保険が使えます。
お薬は、ミティキュア(鳥居薬品)とアシテア(塩野義製薬)の二種類があります。

錠剤を舌の下に置き、1分間そのままにしてから飲み込みます。これを毎日、3~5年継続します。
ダニアレルギーに対する免疫をつくり、アレルギー症状が現れにくくなります。
なお、服用後5分はうがい、飲食を控える必要があります。

ただし、アレルギー性鼻炎の方に対する治療です。
アトピー性皮膚炎だけとか、気管支ぜん息だけと言う方には処方は出来ません。と言いますか、おそらくあまり効果がありません。アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎を合併している方やアレルギー性鼻炎と気管支ぜん息を合併している方には、処方可能です。

ミティキュア(鳥居薬品)

ミティキュアダニを原料使ったエキスで作られたお薬です。
1週目は3,300JAU錠を、2週目からは10,000JAU錠を毎日服用し、これを3~5年ほど継続します。
長期にわたって服用を続けることで、アレルギー反応が起こりにくくなり、鼻や目の症状の改善、アレルギー治療薬の減量が期待できます。
1分程度、舌下で保持します。

アシテア(塩野義製薬)

アシテアダニを原料に使ったエキスで作られたお薬です。
最初の3日間は100単位(IR)を1~2錠、あるいは300単位(IR)を1錠まで増量しながら服用します。その後4日目からは300単位(IR)を1錠飲み、これを3~5年ほど継続します。
ミティキュアと同様に、鼻や目の症状の改善、アレルギー治療薬の減量が期待できます。
2分程度、舌下で保持します。

ダニアレルギー(舌下免疫療法)の費用

気になるお値段ですが、3割負担の方で、薬局でのお支払いは始めの1週間の増量期は約570~760円、維持期は1ヶ月で約2,180円です。医院でのお支払いは再診なら590円となります。患者さんによって管理料などが加算され、お支払金額が変わることがあります。
15歳までのお子様は、こども医療券を使えますので、上限400円で治療が出来、良い方法と思います。
まず受診されたときに治療のご説明をして、ご納得いただいてから治療開始となります。

ダニアレルギー(舌下免疫療法)Q&A

適応年齢は何歳からですか?

適切に舌下に保持できると判断できれば使用が可能です。おおむね5歳から可能と考えています。年齢の上限はありません。当院は成人の方の治療も行っております。年齢は低い方が有効性は高いと言われていますので、ダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎に悩まれてる方はお早めにご相談下さい。
もちろん、幼稚園・保育園の段階で一度ご相談くださっても構いません。他の治療法・対策を含めて検討します。

ミティキュアとアシテアの違いは何ですか?

増量の仕方と口の中での溶けやすさが違いますが、一番大きな違いはダニの濃度です。アシテアの方が高濃度です。当院では患者さんによって、使い分けをしておりますので、医師にお聞きください。

ミティキュアとアシテアを服用する際の注意事項を教えてください。

舌の下に1分間しっかり保持することと、3~5年間という長期間続けるという今季です。この根気が続けられるように当院スタッフも一緒になって応援いたします。また、服用前後2時間は運動、入浴、飲酒を避ける必要があります。

ミティキュアとアシテアの副作用を教えてください。

副作用としては、舌下やのどの腫れやかゆみ、時に耳がかゆくなることがあります。ほとんどの方が服用を続けるうちに収まっていきます。アレルギーを起こすもの体内にいれるため、仕方ない反応と言えます。また、アナフィラキシー(強いアレルギー反応)のリスクがあるため、服用開始の際にご説明いたしますが、幸い日本国内で発生は0で世界的にもまれといわれています。

一番上に戻る
TEL.078-801-5678TEL.078-801-5678診察WEB予約診察WEB予約オンライン診療オンライン診療LINEで情報を発信♪